ソーシャルゲーミフィケーション講座

投票率×ゲームをテーマにした協働授業(@東京工科大学)の最終発表会が行われました

  • Pocket
  • LINEで送る

東京工科大学の教養系科目「アカデミックスキルズⅡ」で、UrboLabが協力していたゲーム制作の授業が先日終了しました。最終発表の場では、計6チームからそれぞれの制作したゲームを発表がありました。

過去記事:東京工科大学でゲーム制作をテーマにした協働授業がはじまりました
http://urbolab.info/?p=788

課題テーマ「若者世代の投票率アップを促すゲームを制作せよ」

授業では、「若者とママの投票率向上委員会in市川」で共同代表として活動する須藤ややさんにもご協力いただきながら、「投票率」をテーマにしたゲーム制作を課題としました。

最終発表の場では、須藤さんと、UrboLabから中澤さん、飯島さん、今井さん、上原が参加しました。

ハイクオリティなゲームの数々

学生チームのみなさんは、約3か月の間、オンライン上で議論を重ね、企画、制作、テストプレイ、改善など、準備を進めてきました。
最終発表では、どのチームもクオリティが高く、興味をそそられるプレゼンばかり。ゲーム内容も良く練られていて、ワクワクの止まらない時間でした。

※1チームの写真を参考に添付します(学生の了承済み)


いくつかのチームは、実際のゲーム製品化に向けて引き続きゲームをブラッシュアップしていくとのこと。今後がとても楽しみです!

  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

コメントを残す

*