ソーシャルゲーミフィケーション講座

2021年春 千葉商科大学政策情報学部「シリアスゲームデザイン」授業を実施します

  • Pocket
  • LINEで送る

千葉商科大学政策情報学部にて、2021年度春学期、特別講義として全13回の「シリアスゲームデザイン」を担当することになりました。

授業では、シリアスゲームの体験および、受講者⾃⾝によるアナログゲームの制作を通じて、社会の問題を抽象化する能⼒や、グループワーク形式における対話⼒の向上及び協働スキルの向上を⽬指します。

講師陣

講師を務めるのは、Urbolabメンバーを中心とした6名
ゲーム開発を本業とする方や、大学でアクティブラーニングを実践されている先生等、実績豊富な講師陣と共に、オムニバス形式の授業を実施します。

講師(敬称略)

  • 上原 一紀
  • 石神 康秀
  • 飯島 玲生
  • 佐藤 宏樹
  • 中澤 義光
  • 今井 修
実績豊富な講師陣

授業の到達目標

グループワークを中心とした授業で、チームでの協働を通じて他者の関心を惹きつけるシリアスボードゲームの作成を目指します

授業の構成

授業の構成は、①シリアスボードゲームの体験、②シリアスボードゲームの企画、③プロトタイプ作成、の3ステップを予定。シラバスは以下の通りです。

第1回ガイダンス。シリアスゲームとは(ワーク形式での体験含む)
第2回シリアスゲームの体験①。ゲーム制作背景の共有
第3回シリアスゲームの体験②。ゲーム制作背景の共有
第4回題材の選択とチーム編成。制作テーマの検討。ゲーム制作の進め⽅。
第5回 ゲーム企画の⼿法。チームでのゲーム企画①
第6回 ゲーム企画の⼿法。チームでのゲーム企画②
第7回 チームでのゲーム企画③。中間発表の説明
第8回 中間発表(ゲーム企画の発表)
第9回 ゲームデザインの⼿法。プロトタイプ作成①
第10回 ルールづくり。プロトタイプ作成②
第11回 ゲーム体験とレビュー。プロトタイプ作成③
第12回 最終発表の説明と準備。プロトタイプ作成④
第13回 最終成果の発表とリフレクション

今後、授業の様子などを共有できたらと思います。

  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

コメントを残す

*