まちづくりゲーム体験ワークショップ

つくば版オンラインメイキット体験会 開催報告

  • Pocket
  • LINEで送る

7月23日(水)、つくばを舞台にしたまちなか発想ゲーム「メイキット」のオンライン体験会を開催しました(株式会社CALICO DESIGNとの共催)。

まちなか発想ゲーム「メイキット」とは

「メイキット」は、まちの中にある「資源」や「魅力」を使って様々な要望が書かれた「まちの声」に応えるアイディアを発表していくカードゲームです。まさかの組合せに「発想力」で立ち向かいながら地域の魅力や課題を知ることができます。

過去のメイキットオンライン体験会 開催報告
第1回 開催報告(5月3日)
第2回 開催報告(5月23日)
浦安版 開催報告(6月24日)

つくばと言えば筑波山!

ユニークなアイデアが湧き出て止まらない

今回の参加者は、オンラインサロン「右腕倶楽部」にメンバーから参加者を募り、合計15名ほどでメイキットを楽しみました。

つくば山で古民家カフェを運営されている日升庵のオーナーさんにも参加いただき、つくばのリアルな魅力と課題をもとにたくさんのアイデアが次々と生まれました。

実際に出てきた「メイキット」アイデア(一例)

引いたカード
しげんカード:地元出身の歴史的人物、大学
みりょくカード:矢中の社(建築関係の実業家が関与)
こえカード: 魅力ある施設が来訪者増加に結び付いていない
 ↓↓
メイキットアイディア
大学の建築学科の学生を矢中の社につれてきて建築の良さを研究してSNSで発信 し、そんな素晴らしいものなんだというのを学生発でアピールしてもらう。また、文学部歴史学科の女子学生さんも来てもらい、当時の歴史について分析して発信。
 ↓↓
さらに別の角度からアイデアが発展
・つくば大学が中心になって。まち歩きをして地図に落としてもらう。
・研究発表の場を矢中の社でやって、SNSで発信してもらう、その時に歴史的人物のコスプレをして発表してもらう。5分くらいでプレゼンして動画も発信。

参加者の感想(一部)

●題材が絞られていて、まったく自由よりもアイディアが出しやすいと感じた。
●出てきたアイデアの組合せを、右腕倶楽部で継続審議したい。
●初体験で、無茶な組み合わせからアイデアが出るというのを実感した。ゲーム形式だと関心が無い人を巻き込むのに有効な手法だと感じた。
●5分の休憩の間でアプリの中身が切り替わったのは、個人的に感激。
●新規ビジネスを考えるときなど、強制的にアイデア出しをするツールとしても面白い。また、観光客にメイキットをやってもらい、新しいアイディアを出してもらうなど、新しいメイキットの使い方を試してみたい。
●アナログ版は経験あり。思った以上にアナログと同じ雰囲気でできた。

ご参加くださった皆さま、ありがとうございました!

  • Pocket
  • LINEで送る

お気軽にご連絡ください

・記事内容やゲームに関するご質問
・オリジナルまちづくりゲームの企画・制作のご相談
・まちづくりゲーム体験会の開催希望
などなど、何かございましたらお気軽にご連絡ください!

お問い合わせフォーム

コメントを残す

*